【2021年最新版】Chromeリモートデスクトップを使ってChromebookから別のPCにアクセスしよう!

【2021年最新版】Chromebookから別のPCにアクセスする方法

ハイデジ
ハイデジ

たいていのことはGoogle Chromeの拡張機能やAndroidアプリインストールでこなせてしまうChromebook。でも、どうしてもWindowsやMacでなければ動作しない・・・そんなソフトがあるのも事実です。。

今回はChromeリモートデスクトップを使って、Chromebookから別のPCにアクセスする方法をご紹介!

外出先から自宅のPCを操作したいときにも役立ちますのでぜひ覚えておきましょう(^^)/

利用条件を確認しておこう

利用条件5項目
  1. 接続元・接続先の両方の端末にChromeブラウザをインストールすること
  2. 接続元・接続先の両方の端末にChromeリモートデスクトップをインストールすること
  3. 接続先PCの電源が入っていること
  4. 接続元・接続先の両方の端末がインターネットに接続されていること
  5. 接続元・接続先の両方が、同じGoogleアカウントでログインしていること

Chromeリモートデスクトップを利用するには上記5項目をクリアしておく必要があります。

うまく接続できないときにはこの条件をクリアできているか確かめてみてください◎

リモートデスクトップ設定をしてみよう

ハイデジ
ハイデジ

利用条件を確認したら早速設定を行っていきます!

難しいことはしないので、ゆっくりと行えば簡単ですよ。

接続先PC(ホスト)にChromeブラウザをインストールしよう

ChromeリモートデスクトップはGoogle Chromeのブラウザ上でリモートアクセスを行う機能です。リモートアクセスを行うためには接続元・接続先の両方の端末にChromeブラウザをインストールしておく必要があります。

ChromeブラウザをGoogle 公式サイトよりダウンロード・インストールする

「Chromeをダウンロード」ボタンよりダウンロード後、任意のフォルダに保存。その後インストールしましょう。

Chromeウェブストアから拡張機能をChromeに追加しよう

ChromeウェブストアとはGoogleが運営しているGoogle Chrome専用のカスタマイズサイトのことで、ここから拡張機能やテーマの追加が可能です。

「Chromeに追加」ボタンを押すと、ChromeブラウザにChromeリモートデスクトップの機能が追加されます。

追加完了後、ブラウザの右上に「Chrome Remote Desktopボタン」が表示されるのでクリックする

機能を起動させたら「利用を開始」ボタンをクリックします。

「リモート接続を有効にする」ボタンをクリックする
引き続き「Chrome Remote Desktop Host」のインストールを行う

「リモート接続を有効にする」ボタンをクリックすると、自動的に「Chrome Remote Desktop Host」のダウンロードとインストールをするかを尋ねてきますので、「はい」でインストールを進めてください

接続用PINコードを設定しよう

「Chrome Remote Desktop Host」のインストールが完了すると、接続用のPINコードの設定を求められます。

このPINコードはChromebookやその他デバイスから接続先PC(ホスト)へ接続する際の暗証番号となりますので、自分が忘れない範囲でほかの人に知られない番号を設定してください。

Chromebookにも拡張機能(Chromeリモートデスクトップ)を追加しよう

Chromebook上のChromeブラウザにも拡張機能を追加しましょう。

接続先PC(ホスト)と同様のアカウントでログイン済みの場合は、自動的に拡張機能が追加されているはずです。もし自動で追加されなければ、先ほどの方法で拡張機能を追加してください。

ChromebookでChromeリモートデスクトップを起動しよう

拡張機能の追加が完了したら、Google ChromeのChromeリモートデスクトップを起動させましょう。

設定完了まであと一息!

接続用PINコードを入力しよう

Chromeリモートデスクトップを起動すると、すでに接続先PC(ホスト)名がリストになって表示されているはずです。

希望する接続先を選択したら、先ほど設定した「接続用PINコード」を入力しましょう。

接続完了!あとはいつも通りPCを使うだけ!

お疲れさまでした!リモートデスクトップ接続の完了です!

Chromebookの画面と接続先PC(ホスト)の画面がリンクしていることを確認できるはずです。最初にもお伝えしましたが、うまく接続できない場合は下記の条件をクリアしているか今一度確認してみてください。

利用条件5項目
  1. 接続元・接続先の両方の端末にChromeブラウザをインストールすること
  2. 接続元・接続先の両方の端末にChromeリモートデスクトップをインストールすること
  3. 接続先PCの電源が入っていること
  4. 接続元・接続先の両方の端末がインターネットに接続されていること
  5. 接続元・接続先の両方が、同じGoogleアカウントでログインしていること

Chromebookだけじゃなく、その他のPCやスマホからでもリモート接続は可能!

ご紹介した方法はChromebook専用の接続方法ではありません。

なのでWindows⇔Windows、Mac⇔Windows、Chromebook⇔Windows・Macなどどんな環境でもアクセスできます。

さらにAndroidとiOSにはChromeリモートデスクトップアプリがあり、それをインストールすることでスマホからもPCにアクセス・操作することが可能です。

「マズい!今日は外出先で仕事をするけど、あのデータは自宅のPCに保存してるんだった!」

「Mac専用のあのソフトをChromebookでも使えたらいいのに・・・」

など、そうした場面でリモートデスクトップ接続は有用です!そんな場面が来る前に、設定・準備を行っておきましょう。ぜひお試しください!

↓ハイデジが使っているChromebookに関する記事はコチラ↓

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookレビュー!使用感・良かった点など徹底紹介! Lenovo IdeaPad Duet Chromebookレビュー!使用感や良かった点を徹底紹介!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA